gyoudenhoshaのブログ

別府荘園北町団地の向かいで行政書士田邊法務事務所を開業しています田邊誓司と申します。どうぞよろしくお願いします。お困り事のある方は気楽にご相談くださいね。

短連歌のあそび

和歌の上の句(5・7・5)と下の句(7・7)を
別の人が詠めば短連歌の作品になります
この場合不即不離が大切です
即きすぎれば面白くなく離れすぎれば意味不明です
上の句を独立句としてその行間を埋めるようにすれば
俳句とその余韻の関係が現れてくるかもしれません
ちなみに一人遊びでやってみたので記します
  古池や蛙飛びこむ水の音       芭蕉
    思考の中も水輪のゆらぐ     風信子
  雀の子そこのけそこのけお馬が通る  一茶
    嫁ぎゆく娘のかすかな泪     風信子
  遠きこゑ硯は月を浴びゐたり     楸邨
    彼此なき月は大和も明かせ    風信子
  龍胆の道延々と苦死の海       孝臣
    今は黄泉にて友と遊ばん     風信子
  白魚のさかなたること略しけり    道夫
    命は流れゆく時なれば      風信子