gyoudenhoshaのブログ

別府荘園北町団地の向かいで行政書士田邊法務事務所を開業しています田邊誓司と申します。どうぞよろしくお願いします。お困り事のある方は気楽にご相談くださいね。

自由律俳句の意味

自由律俳句をして分かることは
句が連用体を保つ必要があり
倒置法や体言止め不定のリズムなどを要し
つまり常に吐息に含まれるような
臨場感を保たねばならないということである
要は韻の意味を逆方向から教示してくれるのである
かつて同じ目的だと思うが
あの定型俳句の神様である高浜虚子が
一時期自由律俳句を作っていたことも頷ける
そんなわけで迷走する私の自由律俳句も
全く無駄ではないようである
  葉桜がここにをるぞと揺れて  田辺風信子