gyoudenhoshaのブログ

別府荘園北町団地の向かいで行政書士田邊法務事務所を開業しています田邊誓司と申します。どうぞよろしくお願いします。お困り事のある方は気楽にご相談くださいね。

天道寺松の碑

田舎の富永にあったという天道寺の松
その松は昭和31当時すでに枯れて
その碑のみ残っていると西武蔵村誌にあります
滝沢馬琴の歌付きなので以下に記します
 「豊後の国、国崎の郡富永村なる一つ松は
昔田辺氏の遠祖児孫の栄を祈りて植えたるぬ
さの樹なりされば世を経、年を経るまゝに松
もうまごも茂りつゝその枝九つにわかれたり、
よつて里人等はこの地を天道寺と名づけその
樹を天道寺松と唱う、今茲に田辺のやから謀
らい石をその側に立て標とすと云う。祖先の
徳を仰ぐなるべし。
  植えてより幾世ふる世のわかみどりぬしやう
  まごに富永の松
   文化丁丑の秋日 江戸 曲亭滝沢馬琴 題詠並書」
 いにしへの松の碑いづこ小春旅  田辺風信子
注)文化丁丑とは1817年です。ということは、この年に
滝沢馬琴と田辺文三が生きていたことになり、通説の
「文三は天保年間の人である。」とする説と矛盾します。
もっと昔の享和から文化文政時代にかけて活躍した人
だったということです。ちなみに文三は杵築侯とも交流が
あり絵を描いたようです(文責風信子)。